2015年10月 2日 金曜日

マイクロスコープについて

ほとんどの患者様は歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)や歯科用ルーペ(拡大鏡)の
必要性は知らないと思います。
一般的に歯科医師は患者様に説明する時はPCのモニターで歯を拡大して
虫歯の箇所を説明しているかもしれません。
しかし、実際に虫歯の治療をする時に、歯を拡大して治療をしなければ、
かなりアバウトに虫歯の治療をする事になります。
これは虫歯と健全な歯質の境目は肉眼でははっきりとは見えないからです。
少なくとも歯科用ルーペかマイクロスコープで拡大して治療をしないと、
歯をかなり大きく削らないと虫歯の取り残しに迫られます。
このため、肉眼で歯科治療を行っている一般の歯科医院では
虫歯以上に大きく周りの健全な歯を多く削ってしまいます。
また、1~2回で歯のお掃除や歯石とりをやめてしまうので、
口の中に大量のばい菌があるにも関わらず
ほとんど、ばい菌に除去が出来ていない場合も多くあります。
歯を残すには早期発見 早期治療と徹底した除菌をお勧めします。


投稿者 さがみおおのデンタルオフィス

アクセス

住所

〒252-0370
神奈川県相模原市南区相模大野
3丁目9-1号相模大野モアーズ4階

最寄り駅

小田急線 相模大野駅 徒歩30秒

診療時間

10:00~13:00、15:00~20:00

休診日

日曜午後・祝日

お問い合わせ