予防歯科

歯を残すためには、早期発見早期治療が大切です。
虫歯や歯周病は、初期の段階で治療しましょう。
「まだ小さな虫歯だから様子をみましょう」とか
「今回、歯がピカピカになったから しばらくは大丈夫」などと
考えるのは危険です。
定期的にマイクロスコープや歯科用ルーペで
口腔内を拡大して確認する事をこまめにする事が必要です。
肉眼では見落としがでてしまうため必ず拡大して確認する必要があります。
また、治療が必要な場合は 拡大して確認しながら治療する必要があります。
こうする事で歯を残せる可能性がかなり向上します。

PMTCとは

PMTCとは

PMTC」を簡単に説明すると、毎日の自分で行なう歯磨きで落ちない歯の汚れを歯医者さんで専用機器を用いてきれいにクリーニング、磨き上げることです。

具体的には

  • 歯と歯のあいだ
  • 歯ぐきと歯の境目
  • 歯のこまかい溝

にこびり付いた汚れを、徹底的に落とします。

PMTCはこんな方にオススメです

1.治療ではなく歯磨きの手伝いをして欲しい人
特に痛いところもなく、歯肉が腫れているわけでもないが、口の中をすっきりさせたい人。

2.歯周病の治療が終わっている人
PMTCは歯石などは取る事ができないので、治療などですでに歯石を取り除いてあることが前提になります。

3.矯正中の人
矯正装置の周りの汚れなどをきれいに取り除くのが難しいときなど歯磨きの手助けになります。

4.被せ物やブリッジなどがある人
ブリッジなどの歯のない部分も自分では磨けないような所まできれいになります。

PMTCの特徴は?

1.お口のリフレッシュ
歯石を取るような強い刺激ではなく終わった後に爽快感が生まれることを目標に行なわれます。

2.歯の輝きが増します
多少の汚れやざらつきなどはツルツル、ピカピカに磨きあげられます。

3.虫歯の予防
歯磨きでは落とせない虫歯の元になる細菌の塊を磨き落とします。

4.歯周病予防
歯周ポケット内の根の部分に強く付着した歯石ではない細菌の塊を磨き落とします。

5.歯を強くする
磨き終わってきれいになったら歯の表面にフッ素を塗って歯を強くします。

「痛くなったら治療へ行く」のではなく、「予防のために歯科医院へ行く」ということが大切です。

スケーリングとは

スケーリング(歯石取り)とは、歯についた歯石を、「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて取ることを言います。

今までこびりついていた歯石がとれるので、歯と歯の間に隙間ができたり、歯が長くなったように感じる方がいます。ついていた歯石が取れたせいですから心配要りません。

なぜスケーリングが必要なのか

歯周病の原因には様々なものがあるのですが、その大きな原因の1つがプラーク(歯垢)です。

歯周病の治療を進めていく上で最も大切なことはプラークをしっかりと取ることなのですが、歯石の表面はザラザラしているためプラークが付きやすく、付いたプラークが落ちにくくなります。

この歯石をスケーリングによって取ることでプラークが付きにくい状態にし、歯周病を改善させます。

歯石は歯磨きでは取る事が出来ない上、90パーセント以上の人にあります。
しかも、歯石は一度取ってもしばらくすると再形成されるため、定期的に歯科医院で取ってもらう必要があります。

歯を治療するだけではなく、予防によって歯を守る治療もさがみおおのデンタルオフィスでは行なっています。
アクセス

住所

〒252-0370
神奈川県相模原市南区相模大野
3丁目9-1号相模大野モアーズ4階

最寄り駅

小田急線 相模大野駅 徒歩30秒

診療時間

10:00~13:00、15:00~20:00

休診日

日曜午後・祝日

お問い合わせ